2011年11月08日

オナニーする前の予防策…短小や包茎にならないため

オナニー、特に、亀頭オナニーは危険性が高く
ペニスへの負担が大きいことから、
特に、包茎の場合、無理に亀頭オナニーすると
惨憺たる結果をもたらすことになる。その副作用の中でも
やはり目に見えて固定化してしまうのが、短小化のものだい。
オナニーしていない男性の平均ペニス長は17-18cmあるのに対して
オナニー三昧していると12-13センチにとどまる
このようなオナニーによる短小とか包茎を食い止める策が
カリオナペスU(大全)なわけで、断片的な情報を収集していくと

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1166032481

に出ている、軸Bが重要
この軸Bの意味を理解できない場合、予防作戦は失敗すると思う。

もちろん、軸だけが良ければいいというものではなく
周辺の予防策については、個人差があるので
その時点のペニスの長さとか、包茎の状態によって詰めていく必要があるわけだ
これをしっかりやっておければ、
オナニーしても、ペニスが短くなることはなく、17-18cm程度の充実した
ライトライフを満喫できることになります。

何にも知らないで剥き癖とかやっていると
本当にひさんなことになりますね。
この点は、また別の機会に事例研究しようと思います。

以下、引用になります。
結論的には、オナニーなんか止めて
彼女に説明してできるだけ早く包茎を治すのが良いと思います。
包茎が嫌われる理由は、
包茎は臭い、包茎は汚い、包茎は非衛生的
挙句の果てには包茎だと病気が移りやすいとか、ばい菌が入るとか…
でも一番ヤバいのは
http://h3.eta-biz.com/02/ent1094.html
にあるように、子宮がんのリスクが高まるらしいです。
これがあるから、最近の女の子は、ものすごく包茎に敏感になっています。
男としては、包茎とか短小なんて
とにかく暗いし、それが治った時の喜びは
大学に合格した時以上のものがありました。
posted by ブログ原人 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする